English     サイトマップ

船橋市男女共同参画センター              パネル展の様子 |  職員の方にインタビュー

メンバー2人が船橋市男女共同参画センターのパネル展に行ってきました。








ここに載っている当事者や支援者の方はみんな前向きだと思いました。
身近な人や大切な人、さらに自分も大切にしていることが文章から伝わってきてて素敵だと思いました。





ここにもあるように、私も最近「セクシュアルマイノリティ」に関しての話題を耳にすることが増えたと思います。
社会でのLGBTの理解が進み多様な性があふれていると感じます。





まだカミングアウトしていなかったり、今の生活にとても悩んで苦しんでいたりしている人がたくさんいることを知りました。
当事者の方がこのような言葉を嘆くことのない未来を作っていかなければならないと思います。





私たちは当事者の方と一緒に寄り添い、個性を尊重しあえるようになっていけたらと思います。
いつか「LGBT」という言葉での枠組みもなくなる社会が来るように努力したいです。

このパネル展に行ってみて、LGBTの方がどれほどつらい思いをして学校生活を送っているかがわかりました。
また、LGBTの方がLGBTの方に応援メッセージなどを送っていたので、ほっこりしました。
今ではたくさんのアライの方やLGBT当事者の方が声を上げていますが、知らない人も多くいます。
私たちもウェブサイトが公開され、たくさんの人に知ってもらえるように努めたいと思います。

LGBTのパネル展などを行っているところがあるなど知らなかったけれど、こういった活動で少しはLGBTの理解が進むと思いました。
もっとパネル展の存在を広めるべきだと思います。
このパネル展では当事者の方の実際の気持ちや言葉が何個もあり、私たちにはわからなかったことなど気づくことが多くありました。

BACK TOP NEXT
            前は:レポート               次は:職員の方にインタビュー

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
LGBT~個性を尊重しあえる社会~は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

全国中学高校Webコンテスト 
このサイトは第19回全国中学高校WEBコンテストに参加しています。